ホーム > ジャガードタオル > ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。

ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。


毛違いジャガードタオル

「せっかくオリジナルタオルを作るならボリュームがあって高級感のあるジャガードタオルを作って長く使いたい」という方も多いと思います。

デザインが細か過ぎる場合や、予算があまり確保できない場合もありますが、ある程度の予算に余裕があって、デザインも決まっていないのであれば、私個人の意見としてはジャガードタオルの製作をオススメします。

日常で使える綿製品のオリジナルグッズを製作する場合、プリントで表面だけを加工するのではなく、色の着いた糸を使って絵柄を織り上げたほうが素材を生かしたグッズができますよね。
※デザインや色数によってはプリントの方がいい場合もありますし、プリントが良くないという意味ではありません。

今回は、比較的製作コストが高いジャガード織りタオルをできるだけ安く製作するための方法を簡単にご紹介します。

ジャガードタオルは、他の加工方法と比較して製作工程上どの部分にコストがかかるというと、デザイン通りタオルを織り上げるために使用するジャガード織り用の型(版)に費用がかかります。タオルのサイズや織り方、工場によって金額は異なりますが、一般的に一番良く使われるフェイスタオルやスポーツ観戦などで首に巻いて使うマフラータオルで4万円~7万円程度かかります。
※これは、型代(版代)のみの価格です。

この型代を安く抑える方法ですが、結論から言うと安くする方法は… ありません。

これは、どうしても必要なコストなので安くはなりませんが、代わりに高いと感じにくくする方法としては、できるだけロットを大きく設定する(たくさん製作する)事です。

版代が5万円とした場合、100枚だけ製作するとタオル1枚あたりにかかる版代は500円ですが、1000枚製作すると50円です。
とても単純な話ですが、1枚あたりの値段で言うと大きく差が出ます。

次に、「プリントタオルよりもジャガードタオルを作りたいけど、コストがかかるからどうしよう。」という方のために、少しジャガードタオルの種類の話をします。

一般的にオリジナルジャガードタオルと呼ばれていてよく出回っているタオルは、2色毛違いジャガード織りタオルと呼ばれる裏表反転デザインに仕上がるボリュームのあるタオルです。
この毛違い織りはジャガードタオルの中でも比較的コストがかかるため、できるだけコストを下げてジャガードタオルを作りたいという方にはフラットジャガード織りマフラータオルをオススメしています。このタオルについては神野織物のフラット織りのページカンノタオルのタオルギャラリーのページでご紹介していますので見てみてください。

「そのフラット織り加工も高い! でも糸の織りでデザインを表現したジャガードタオルを作りたい!」というに方は、単色ジャガードタオル(上げ落ちタオル)をオススメします。
これも神野織物の単色ジャガードタオルのページカンノタオルのタオルギャラリーのページでご紹介しています。

ジャガードタオルを安く作るための方法をまとめると、

・コストに関しては、
毛違いジャガード織り > フラットジャガード織り > 単色ジャガード織り

できるだけロット(製作枚数)を大きく設定する(1枚あたりの値段を安くするため)。

これと言って新しい情報ではありませんが、理解しておいた方がいい内容です。

「限られた予算で製作できるジャガードタオルはどれ?」「もう少しだけコストを抑える方法は?」などの質問はお気軽にメールフォームまたは、カンノタオル(0120-93-0075)までお問い合わせください。相談・見積もり無料ですよ!


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:1

この記事のトラックバック URL
http://www.kanno-towel.com/blog/jacquard/550/trackback/
トラックバックの送信元リスト
ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。 - オリジナルタオル製作で失敗しないためのオーダータオルの知識 より
pingback - オリジナルタオルの安い製作方法と激安タオル製作を考える前に。 - オーダータオルの知識 より 2012年4月10日

[…] ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。 など、以前このブログでご紹介しているのですが、 […]

ホーム > ジャガードタオル > ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。

ページの上部に戻る