ホーム > タオル全般 > 3日や1週間という最短・最速納期でオリジナルタオルを製作したい方へ

3日や1週間という最短・最速納期でオリジナルタオルを製作したい方へ


タオル織機

タイトル通り、今回はオリジナルタオルの納期についてご説明します。

ライブやコンサート、その他のイベント等でオリジナルタオルを使用する事になり、3日や1週間という短期間で用意しなければいけない場合の対処方法と、オリジナルタオル製作に2週間~1ヶ月程度かかる理由をご説明します。

まず、染料や顔料プリントのオリジナルタオルの納期についてですが、プリントの場合、通常の印刷と違い、タオルの印刷は、

・タオル生地を織る工場
・印刷に使う型を製作する工場
・プリントする工場
・仕上げ加工をする工場
・できたタオルを検品し袋に詰める工場

など、工程が分業化されているのが一般的です。
そのため、通常よりも時間がかかります。

それに、配送する時間がかかり、繁忙期であれば印刷するまでに待ち時間が発生します。
そのため最低2週間以上納期が必要となります。

自社でほぼ全行程をこなしている工場もありますが、導入・管理コストが膨大になるため、様々な加工方法に対応するための機械を何台も導入できません。

結果、デザインによっては断られたり、特定の加工方法は短納期対応でもそれ以外は外注で他の工場で製作するため納期がかかるという事態が発生します。

次にジャガード織りのオリジナルタオルの納期についてですが、ジャガード織りの場合、糸を染め上げる工程からスタートします。
そのため、

・糸を染める工場
・タオルを織る工場
・検品し袋に詰める工場

など、プリントのオリジナルタオル程ではありませんが分業化されます。

ジャガード織りのオリジナルタオルがなぜプリントのオリジナルタオルよりも納期が必要かというとジャガード織りの場合糸を染めて、染めた糸でデザインを表現するため機械の設定も必要になり織り上げながらデザインを形成していくので時間がかかります。

それでは、1週間以内でオリジナルタオルを作る事ができないのかというと、そんなことはありません。

もちろん染料プリントや毛違いジャガード織りのオリジナルタオルを1週間以内で製作する事はできませんが、小ロットの刺繍タオルや部分プリントの名入れタオルであれば、コストも安く短納期(1~2週間)でオリジナルタオルを製作することができます。

名入れタオルや刺繍タオルは敬遠されがちですが、デザイン次第ではとてもかっこいいオリジナルタオルができます。

刺繍のタオルもカラー生地を使用し、映える色の刺繍を入れるだけでとてもいい物になりますし、名入れタオルも名前を入れずにロゴマークや繊細なデザインを両端に入れるだけで機能性の高いオリジナルタオルに仕上がります。
参考記事:粗品用名入れタオルでかっこいいオリジナルタオルを作る方法

このように、アイデア次第で短納期でもかっこいいオリジナルタオルを製作することはできます。

まずはフリーダイヤル(0120-93-0075)までお電話下さい。

見積り・ご相談は何度でも無料です。

 


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.kanno-towel.com/blog/all/892/trackback/
トラックバックの送信元リスト
3日や1週間という最短・最速納期でオリジナルタオルを製作したい方へ - オリジナルタオル製作で失敗しないためのオーダータオルの知識 より

ホーム > タオル全般 > 3日や1週間という最短・最速納期でオリジナルタオルを製作したい方へ

ページの上部に戻る