ホーム > タオル全般 > オリジナルタオルを安く作るために知っておくべき加工方法別価格ランキング

オリジナルタオルを安く作るために知っておくべき加工方法別価格ランキング


製作コスト

オリジナルのタオルを作りたいけど、「できるだけ安く作りたい!」「予算が限られているので~円までに抑えたい!」という意見は、みなさん同じだと思います。

そこで、オリジナルタオルの加工方法別価格ランキング(数百枚程度製作の場合)を書きます。

オーダーメイドなので、型代(版代)・使用色・デザイン・生地の関係上、なかなか一概に金額を計算しにくい部分はありますが、だいたいこんな感じです。

※ロット(製作枚数)によってかなり金額が変わりますのであくまでも参考までに。

単価の高い

  1. 2色(多色)毛違いジャガード織タオル
  2. フラットジャガード織タオル
  3. 単色ジャガード織タオル(上げ落ちタオル)
  4. インクジェットプリントタオル
  5. 防染タオル
  6. 捺染タオル
  7. 袋織りタオル
  8. 朱子織りタオル
  9. 染料プリントタオル
  10. 顔料プリントタオル
  11. 顔料プリントタオル(プリント範囲に制限有り)
  12. 名入れタオル(オフセットプリント)


単価が安い

これに、さらに刺繍を入れたり、ヘムの色を変えたり、袋に入れたり、箱に詰めたり、のしを巻いたりと、

色々なオプションがあるため、一概に金額を記載できない場合が多いのが現状です。

Webサイト上ですべて値段がわかれば、オリジナルタオル製作を検討されているお客様にとってはとても便利だとは思いますが。。。

見積もりフォームの入力が面倒だ」とか、「メールを打つのが手間だ」という方は、フリーダイヤル(0120-93-0075)までご連絡ください。

カンノタオルのスタッフがお客様のご要望をヒアリングし、必要な費用をお伝えします。

お気軽にご連絡ください。


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:3

この記事のトラックバック URL
http://www.kanno-towel.com/blog/all/245/trackback/
トラックバックの送信元リスト
オリジナルタオルを安く作るために知っておくべき加工方法別価格ランキング - オリジナルタオル製作で失敗しないためのオーダータオルの知識 より
pingback - 「プリントタオルとジャガードタオルの違い」パイル地とシャーリング地など - オーダータオルの知識 より 2011年10月17日

[…] インクジェットプリント | オリジナルタオル | シャーリング生地 | ジャガードタオル | パイル生地 | 価格 | 染料プリント | 顔料プリント Check オリジナルタオル製作を検討されているお客様によくいただく質問に、「プリントタオル」と「ジャガードタオル」の厚み・質感・金額はどう違うのかという質問があります。今回はこの“違い”をご説明します。 まず、上の写真をクリックしてよく見ていただきたいのですが、 左側から順に、プリントタオルの表面・裏面、ジャガードタオルの裏面・表面となります。 まず、厚みの違いについて。 このブログの「タオルのパイル生地とシャーリング生地」や「プリントのオリジナルタオルを最高の品質で製作するために重要な工程」の記事でもご説明しておりますが、プリントタオルに使用する生地は白いタオル生地で、表面のみシャーリング加工を施しています。 それに対してジャガードタオルは、表面・裏面共にパイル地(ループ状)のため、プリント用のシャーリング生地に比べて圧倒的に厚みがあります。生地の厚みに関しては諸条件により変動しますが、大体、触った感じでジャガードタオルはプリントタオルよりも1.5倍 分厚いと思っていただいてもいいと思います。 次に、質感について。 プリントにも染料プリント・顔料プリント・インクジェットプリントなど、様々なプリント方法がありますが、基本的には大体の場合、シャーリング生地を使用しますので、ループ状の糸をカットして糸がパラパラに分散するため柔らかい芝生のような手触りになります。 ジャガードタオルの場合は、両面パイル地のため、もこもこした質感ですが、プリントのタオルのようにインクを表面にプリントしているわけではないので、染色した糸でデザインを表現している分比較的やわらかく仕上がっています。質感については、プリント方法や生地の仕様によっても全く変わるため一概には言えません。一度サンプルのタオルを触って確かめてみてください。サンプルも無料で発送いたします。お問い合わせ(0120-93-0075)ください。 最後に金額についてですが、 プリント・ジャガード共に、デザインに使用する色数や注文する枚数などによって大きく変動するため、今回はフェイスタオルを2色デザインで100枚製作した場合の価格を比較します。 この場合プリントだと、すべて込みで一枚あたりだいたい700円~900円程度(日本製生地)。ジャガードタオルだとで一枚あたりだいたい1400円~1600円程度です。 基本的にはジャガードタオル(この場合2色毛違いジャガード織り)のほうが金額は高くなりますが、あくまでも上記の仕様の場合ですので価格についてもお問い合わせ(0120-93-0075)下さい。その他のタオルの加工方法別価格については「オリジナルタオル 加工方法別価格ランキング」や「かっこいいオリジナルタオルをなるべく安く製作するための5つの方法」をご参照ください。 神野織物ではオリジナルタオルの製作工程を動画でもご説明しています。 こちらも是非ご覧ください。この記事に関連する記事「プリントタオルとジャガードタオルの違い」パイル地とシャーリング地など […]

pingback - オリジナルタオル作成 激安で製作できるのはジャガード or プリント?? - オーダータオルの知識 より 2012年7月20日

[…] オリジナルタオル 加工方法別価格ランキング […]

pingback - オリジナルタオル製作初心者の方へ贈る 必読記事10選! - オーダータオルの知識 より 2012年8月30日

[…] オリジナルタオル 加工方法別価格ランキング […]

ホーム > タオル全般 > オリジナルタオルを安く作るために知っておくべき加工方法別価格ランキング

ページの上部に戻る