ホーム > タオル全般 > オリジナルタオル製作 初心者必見!6つの代表的な加工方法

オリジナルタオル製作 初心者必見!6つの代表的な加工方法


オリジナルタオルの種類

今回は、カンノタオルでお客様からご注文いただくオリジナルタオルの加工方法の内、代表的な6つの加工方法について簡単にご説明します。カンノタオルだけでなく、一般的にも人気がある加工方法が多いのでオリジナルタオルの製作を検討されている方は是非御覧ください。詳しく知りたい方は、

フリーダイヤル(0120-93-0075)までお問い合わせください。問い合わせ・相談は無料です!

フラットジャガード織りタオル
比較的細かいデザインまで表現できるジャガードタオル。パイル地ではなく平織りになっていて裏表共に平らな状態のタオル。
クラブやサークルの記念や応援用によく使われます。裏面にも反転デザインが表現できます。

2色毛違いジャガード織りタオル
一般的に「ジャガードタオル」と呼ばれる事が多いタオルで、プリントとは違い2色の糸を折り上げてデザインを表現するため、しっかりとした厚みがあり、高級感を演出できます。裏面にも反転デザインが表現できるのが特徴です。

オフセットプリント 名入れタオル
一般的に「名入れタオル」、「年賀タオル」と呼ばれ、挨拶用・粗品用に使われる社名入りのタオルに用いられているプリント方法で、タオルの平地(平らな部分)にしかプリントできませんが、一番コストを抑えて製作できます。

顔料プリントタオル
染料プリントタオル同様、アーティストのライブやコンサートで売られているタオルによく使われるプリント方法で、染料プリントより細かいデザインの表現は可能ですが、プリント面は少し硬くなりゴワゴワ感があります。外国産の生地も使用できるのでコストは比較的安く製作できます。

染料プリントタオル
顔料プリントタオル同様、アーティストのライブやコンサートで売られているタオルによく使われているプリント方法で、顔料プリントやインクジェットプリントほど細かすぎるデザインは表現できないものの、タオルの風合いを残したまま好きなデザインをプリントできるのが特徴です。

インクジェットプリントタオル
大量生産には向かないものの、写真やグラデーションなど、通常のタオルのシルクスクリーン印刷では表現が難しいデザインをきれいに表現でき、全面ベタデザインでも、デザインに色を何色使用しても料金が変わらないのが特徴です。

詳細についてはお気軽にお問い合わせ(0120-93-0075)ください。


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:3

この記事のトラックバック URL
http://www.kanno-towel.com/blog/all/103/trackback/
トラックバックの送信元リスト
オリジナルタオル製作 初心者必見!6つの代表的な加工方法 - オリジナルタオル製作で失敗しないためのオーダータオルの知識 より
pingback - オリジナルタオルの安い製作方法と激安タオル製作を考える前に。 - オーダータオルの知識 より 2012年4月10日

[…] オリジナルタオル | 価格 | 値段 | 手ぬぐい Check 少年野球チームや高校野球の応援、サッカーやテニスのサークル、様々なシーンで使われるタオル。みんなで記念にオリジナルで作ろうと決めた時に当然、誰もが出来るだけ安く作りたいと思います。しかし、ステッカーやチラシとは違い、毎日洗濯して何度も使えるタオルは少し高額になります。 しかも枚数が少ない場合は手が出ないほど高額になります。 そのタオルを少しでも安く作る方法は、 かっこいいオリジナルタオルをなるべく安く製作するための5つの方法。 ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。 など、以前このブログでご紹介しているのですが、 もう一度、簡単にご説明します。 まず、多色で全面にデザインを入れたいけど、1枚や5枚、10枚など100枚以下の枚数で製作する場合は、何色でも使えるフルカラーインクジェットプリントタオル。 デザインがワンポイントのみでいいからとにかく安く作りたい場合は、 刺繍のオリジナルタオルや名入れタオル。 100枚以上作る場合は、単色デザインで外国産のタオル生地を使用した 範囲指定のある顔料スクリーンプリントタオル。 上記の方法が一般的に安くオリジナルタオルを作る方法となりますが、 ここで、もう一度オリジナルタオルを製作する前に考えていただきたいのが、「手ぬぐい」という選択肢です。 マフラータオルやスポーツタオルなどの大きいサイズの生地でオリジナルグッズを製作した場合や、パイル地に拘っている場合は手ぬぐいという選択肢は外れてしまいますが、スポーツチームの記念グッズや企業のノベルティで形に残り、実用性があり、普段使用できるものを作りたい場合は、オリジナル手ぬぐいの製作を検討してみてはいかがでしょうか。 手ぬぐいはタオルと同じ綿製品で薄手なので水に濡れても乾きやすく、かさばらないので携帯しやすいグッズです。さらに、頭や首に巻くこともできる上にハンカチとしても一般的に使われています。 本染め(注染)手ぬぐいのように味のあるオリジナルグッズができるのもとても魅力的ですが、何と言ってもオリジナルタオルよりもかなり格安で製作できる点が魅力だと思います。 カンノタオルを運営する神野織物株式会社では、オリジナルタオルと同じぐらいオリジナル手ぬぐいにも注力していますので、ご相談いただきましたらお客様のご要望にあったアイテムをご提案いただけると思います。 オリジナル手ぬぐい製作の「手ぬぐい 神野」 オリジナルタオル製作の予算で悩まれている場合や、タオル・手ぬぐいのどちらを製作するかご検討されている場合はお気軽にフリーダイヤル(0120-93-0075)までお電話下さい。 この記事に関連する記事:6つの代表的なオリジナルタオル加工方法今回は、カンノタオルでお客様からご注文いただくオリジナルタオルの加工方法 …厚みのあるジャガードタオルかデザイン表現性の高いプリントタオルか。タオルをオリジナルで作りたいという方がよく悩まれるのが、「少しコストが高 …ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。「せっかくオリジナルタオルを作るならボリュームがあって高級感のあるジャガ … […]

pingback - オリジナルタオル製作初心者の方へ贈る 必読記事10選! - オーダータオルの知識 より 2012年8月20日

[…] オリジナルタオル製作 初心者必見!6つの代表的な加工方法 […]

pingback - オリジナルタオル製作 プリント・ジャガード・価格など まとめ13記事 | タオルと手ぬぐいとデザインと。 より 2013年3月12日

[…] 6つの代表的なオリジナルタオル加工方法 […]

ホーム > タオル全般 > オリジナルタオル製作 初心者必見!6つの代表的な加工方法

ページの上部に戻る