NEW お客様の声

失敗しないオリジナルタオル製作 6つのチェックポイント

オリジナルタオルの賢い作り方!!

オリジナルタオル製作をご検討の方は、以下の6項目をご覧いただいた上で発注していただく事をオススメします。
不明な点があればお気軽にフリーダイヤル(0120-93-0075)までお問い合わせください。

オリジナルタオル製作でよくある間違いベスト3!

こんな色になるとは思っていなかったのに・・・と、ダントツで多いのが色の相違です。吸水性があり、表面が平らでないタオル生地にプリントするのは、紙の上にプリントするのとは仕上がりのイメージが全く違ってきます。

オリジナルタオルは工業製品ではありません。実は、オリジナルタオル製作は完成まで作業工程が多く、各工程が分業されています。そのため、各工場とうまく連携をとらなければあなたが希望する納期通りに仕上がりません。

オリジナルタオルのプリントには、「顔料プリント」「染料プリント」大きく分けて2種類あります。あなたが望んでいる「デザイン」や「色」によってプリント方法を使い分けなければ、思い通りの風合い等に仕上がらず、満足いただけない可能性があります。
安く出来るというだけでプリント方法を間違ってしまった。
よくある失敗です。

参照記事
「オリジナルタオルの納品後 後悔する “3つの大きな失敗”」   「かっこいいオリジナルタオルをなるべく安く製作するための5つの方法」

満足のオリジナルタオルを希望納期通りに作るために、このページの説明をよくお読みください。
私たち、カンノタオルのスタッフが、あなたのオリジナルタオル製作をサポートします!

ページトップへ

Call:0120-93-0075

1.オリジナルタオルがきれいに仕上がるデータの作り方

タオルへのプリントは紙に印刷するのとは違うため、デザインイメージをそのまま100%忠実にタオルの上に表現することはできません。タオルにプリントするという事は糸にインクを乗せたり染み込ませるため、多少の「にじみ」が発生します。

そのため、あまり細か過ぎるデザインではなく、
大きめ・太めのイラストや文字を使ったデザインがオススメです。


また、色の組み合わせは全体のイメージに関わるとても重要なポイントです。
例えば、オリジナルのインパクトのあるデザインにしたければコントラストのはっきりしたもの(黒と黄、黒とピンクなど)を使うときれいに仕上がります。シックな感じにしたければ、茶色とベージュなどの同系色を選ぶのがいいでしょう。

【オリジナルタオル 賢いデザインの作り方】

注意した方がいいデザイン

「黒地のタオルに赤文字でプリントしてください」といった依頼をよくいただくのですが、これは注意が必要です。なぜなら基本的にタオルというのは白いものなので、これを再現する場合は、その白いタオルに黒と赤の2色でプリントする事になります。
その場合、プリントですのでタオルを裏返すと白い生地が見えます。
裏も表も「黒いオリジナルタオル」(黒に染められたタオル)を使う事もできますが、黒い生地にプリントするには柔らかいインクでは染み込んでしまうので硬いペンキのようなインクを使います。
すると、プリントした所はバリバリのゴワゴワになってしまい、タオルとしての機能性を失ってしまいます。

低コストで製作できますが、
カンノタオルではお客様にこういったオリジナルタオルをお薦めしません。


その他にも、タオルの端ギリギリいっぱい柄や色を入れるときれいに仕上がりません。
インクが滲んで汚くなってしまいます。これは印刷機の工程上起こり得る事で、それを防ぐためにもデザイン制作の段階で注意が必要です。(右写真)
タオルの「ふちどり」をするようなデザイン(タオルの周りを枠で囲うようなデザイン)も注意が必要です。なぜなら、プリント位置が多少ズレるからです。タオルは紙と違って簡単に形が変わるもの。全てのタオルを全く同じようにプリントするのは非常に困難で、必ず多少のずれが生じます。ふちどりをするようなデザインにして、その「ズレ」が目立ってしまうぐらいであれば、ふちどりするようなデザインは避けた方が無難と言えるでしょう。

ヘムのプリント滲み

ミミのプリント滲み

カンノタオルでは、無料でオリジナルタオルのデザインに関するご相談をお受けします。

「色数(予定で可)、デザインイメージ、希望の予算、納期(デザインによって、かかる時間が違います)」などをお聞きしながら、デザインに関するご説明やご提案を致します。もちろん、ご相談をいただいたからといって発注していただく義務もありませんし、しつこく売り込む事もありません。「3色にすると2色よりもどれくらい値段が違うんですか?」などの質問もお受けしています。まだデザインイメージがあいまいな方も大歓迎。だいたいの雰囲気をお伝え頂ければ、こちらからデザインのご提案を致します。

参照記事
「手書き(手描き)原稿から安くオリジナルタオルを作るために重要な 一つの事」   「オリジナルタオルを製作する際に必要な手書きラフスケッチのデータ化」

ページトップへ

Call:0120-93-0075

2.ベストな加工方法を選んでデザインを生かす方法

一口でオリジナルタオルの加工方法といっても、たくさん種類があります。
デザイン・素材・用途などによって、適切な加工方法を選びます。
ここでは染料プリント・顔料プリント・毛違いジャガード織りなど、
加工方法毎の特徴とメリット・デメリットをご紹介していきます。

【オリジナルデザインをうまく再現するための加工方法の選び方】

顔料プリント

  • 染料プリントに比べて工程が少ない分コストが安い
  • インクが滲みにくい
  • 細い線を表現しやすい
  • 染料プリントタオルに比べプリント面が硬い
  • 染料プリントタオルに比べ色落ちしやすい
  • 何度か洗濯しなければタオル生地とプリントが馴染みにくい

仕上がりは、染料プリントのオリジナルタオルに比べると少しパリッとした質感のタオルに仕上がりますが、細かいイラストや文字の場合など、デザイン表現を重視するときは顔料プリントがオススメです。 ※顔料プリントのタオルは、納品後数日間は顔料インク独特のシンナーのような臭いが残る場合がございますが、品質に影響はございません。

染料プリント

  • タオルの仕上がりが柔らかい。
  • タオルに染料をしみこませるのでゴワゴワ感がない。
  • タオルに染料をしみ込ませるため細かいデザイン表現が苦手
  • 顔料に比べ工程が多い分少し納期がかかる
  • 顔料に比べ工程が多い分少しコストがかかる

あまり小さすぎない文字やロゴマークの入ったデザインなど、細か過ぎるデザインが入っていない場合は染料プリントのオリジナルタオルがオススメです。顔料プリントのオリジナルタオルに比べて仕上がりが柔らかく、肌触りが良いタオルに仕上がります。

毛違いジャガード織り

厳密にはプリントの方法ではなく染まっている糸を織り込んでオリジナルのデザインを表現する方法です。バーバリーでよく見るタオルや、ふわふわで気持ちのいい長持ちするタオルがこの毛違いジャガード織りのタオルです。使い心地・耐久性はプリントよりも毛違いジャガード織りの方が良いといえます。
ただ、プリントタオルと比べて多少コストがかかるというデメリットがあります。これは、糸の「染めロット」というのがあり、ある程度まとまった量の糸を先に染めておく必要があるため、大手のブランドなど、ある程度たくさんのタオルをオリジナルで作る場合に向いている作り方だからです。

カンノタオルでは“100枚から”オリジナルの毛違いジャガード織りタオルを作ります。合計金額もかなり安く仕上がります。
例えば4色の染料プリントで作るよりは、2色の毛違いの方が安くできるケースが多いです。


カンノタオルで、質の良いオリジナルの毛違いジャガード織りタオルを作ってみませんか。
※毛違いは2色のデザインがオススメ(動画参照)です。
もちろん、弊社のオリジナルタオルの製作実績をいくつかお送りする事もできます。毛違いのタオルの場合は、ご希望の色糸のサンプルも送りますので、色糸を見てご確認いただく事もできます。
もちろん、タオルサンプルの送付は無料ですので、ぜひ実際に注文する前にサンプルを見て、雰囲気を確かめてみてください。

参照記事
「6つの代表的なオリジナルタオル加工方法」   「厚みのあるジャガードタオルかデザイン表現性の高いプリントタオルか。」

ページトップへ

Call:0120-93-0075

3.タオル生地の賢い選び方

シャーリング

染料/顔料のプリントタオルを作るなら「シャーリング生地」がオススメです。
シャーリングというのはプリントタオル用の生地の加工で、プリントがキレイに表現できるように、通常だとループ状(輪っか状)になっているタオルの表面にカット処理を施したものです。

【タオル生地の賢い選び方】

パイル生地

シャーリング生地

ループ上の糸のタオルにそのままプリントしてしまうと、にじみが広がってデザインがくずれてしまったり、ループの部分にインクが溜まってタオルの質感が損なわれ、ゴワゴワになってしまいます。

生地の厚さ

タオルの生地は「匁(もんめ)」という重さの単位で表現されます。
子供の遊びで「はないちもんめ」というのがありますよね?その「もんめ」です。
1匁は3.75gのことで、重い匁のタオルは、生地が厚い事を表しています。
当然、重くて厚いタオルは生地の値段が高くなってきます。
オリジナルタオルに使用する生地を選んでいただく事もできますが、よくわからない場合は、弊社にお任せいただければデザインや仕上がりイメージ、予算や納期などによって、適切なものをご提案します。
カンノタオルでは事前に実際のオリジナルタオルに使用する生地サンプルを送料をご負担いただくだけででお送りしています。実際に注文する前に、生地を見て、触って、確かめてみてください。

糸

参照記事
「タオルの厚み・重さを表す単位 「匁(もんめ)」 とは??」
「パイル地・シャーリング、ヘム・ミミ、匁など、オリジナルタオル製作で必要なタオルの基礎知識まとめ。」

ページトップへ

Call:0120-93-0075

4.用途に合ったタオルサイズの選び方

バスタオル、フェイスタオル、スポーツタオル、マフラータオルなど、サイズも様々ですのでデザインや用途、予算などによって、大きさを決めていきましょう。
当然、選んだタオルのサイズによって、値段や納期が変わってきます。
カンノタオルでは、あなたのご希望のタオルサイズをに合った工場を選んで
オリジナルタオルを製作していきます。
まずは「だいたいこれくらいの大きさがいいな」などの作りたいオリジナルタオルの「イメージ」を伝えてください。一番いいサイズをご提案します。
ご希望の方には本生産前に色校正サンプルを無料でお送りしています。
※フェイスタオルサイズ以上で100枚以上ご注文の方(納期により難しい場合が有ります)
本生産前に、サイズや雰囲気を確かめてみてください。
※ご注文キャンセルの場合は、版代金、プリント代、送料など実費料金が発生します。

【タオルサイズの選び方】

タオルの生地サイズ表

一般的なサイズをご紹介します。これ以外のサイズのオリジナルタオルもご相談ください。

ミニハンカチ タオルタイプのハンカチで小さいので
かさばらず手を拭くのに最適です。
ハンドタオル キッチンのおしぼりやバックの中に入れて
持ち歩きやすく手や顔を拭くのに便利です。
ミニハンカチ(20cm×20cm)  ミニハンカチ(25cm×25cm) ハンドタオル(34cm×36cm)  ハンドタオル(34cm×38cm)
フェイスタオル タオルハンガーに掛けて使えるサイズで、
絞りやすいので顔や手を拭くのに最適です。
スポーツタオル フェイスタオルとバスタオルの中間サイズで、
大きめサイズなのでスポーツに最適です。
フェイスタオル(84cm×34cm)フェイスタオル(85cm×34cm) スポーツタオル(110cm×40cm)スポーツタオル(115cm×40cm)
マフラータオル スポーツタオルの長さで幅の細い物です。
スポーツやライブで使うのに最適です。
バスタオル 名前の通り入浴後やシャワー後に
全身を拭くのに最適なサイズです。
マフラータオル(100cm×20cm) マフラータオル(110cm×20cm) バスタオル(120cm×60cm)

「型」について

オリジナルタオルを作るときには、「型(版ともいいます)」が必要になってきます。
これは、プリントする1色ごとにプリントする部分を版画のように彫っていくものです。1色ごとに1枚の型を作っていきますので、プリントする色数が増えれば、この型も増え、費用も高くなる事になります。
大きさによって違いますが、大体1つの型を作るのに、1万3千円~2万円ほどかかります。
「型」ができたら、それをタオルに合わせて色をつけていきます。
2色毛違いジャガード織りタオルやフラットジャガード織りタオルなど、型代(版代)については加工方法ごとに異なりますので、フリーダイヤル(0120-93-0075)またはお問い合せフォームよりお問い合わせ下さい。

型(版)

参照記事
「オリジナルタオルの一般的なサイズはどのくらい??」   「オリジナルタオルの 型代(版代)について製作前に知っておくべき事」

ページトップへ

Call:0120-93-0075

5.プリント方法と相性のいい色の選び方

【プリント方法と相性のいい色の選び方】

オリジナルタオルは「紙」へのプリントと違うため「イメージと違った」という場合の
ほとんどが色の問題です。
デザインイメージは、事前にパソコンでシミュレーションしたものをメールで送付したり、過去に弊社で作ったタオルを見ていただけますのでイメージしやすいかと思いますが、色に関しては実際にプリントしてみなければわかりません。
インクの色は青、赤、黄の3色を混ぜて作りますが、特に「グレー」が一番難しいので、グレーをプリントしたい場合は要注意です。
「黒タオルに赤文字でプリントしてください」といった依頼をよくいただくのですが、これは注意が必要です。なぜなら基本的にタオルというのは白いものなので、これを再現する場合は、その白いタオルに黒と赤の2色でプリントする事になります。その場合、プリントですのでタオルを裏返すと白い生地が見えます。裏も表も「黒いタオル」(黒に染められたタオル)を使う事もできますが、黒い生地にプリントするには柔らかいインクでは染み込んでしまうので硬いペンキのようなインクを使います。すると、プリントした所はバリバリのゴワゴワになってしまい、タオルとしての機能性を失ってしまいます。
低コストで製作できますが、カンノタオルではお客様にこういったオリジナルのタオルをお薦めしません。

色選びのポイント

顔料プリントで濃い色をプリントする場合、色落ちの心配をなくす為に色を定着させるノリを使用します。このノリが乾燥すると硬くなりゴワゴワになるのです。
なので、濃い色(黒や紺)をプリントする場合は、染料プリントをお薦めします。
あまり薄い色は思うように表現できない場合薄すぎて見えない)があります。
色の組み合わせは、全体のデザインのイメージに関わるとても重要なポイントです。
例えば、インパクトのあるオリジナルタオルにしたければ、コントラストのはっきりしたもの(黒と黄、黒とピンクなど)で製作するときれいです。
シックな感じにしたければ、茶色とベージュなどの同系色を選ぶのがいいでしょう。

色イメージ

カンノタオルはお客様のご希望のオリジナルタオルの色校正サンプルをプリントします。
しかも、フェイスタオルサイズ以上で100枚以上ご注文の方は初回サンプル代は無料!(※納期により難しい場合があります)

※ ご注文キャンセルの場合は、版代金、プリント代、送料など実費料金が発生します ※

「色数(予定で可)・デザインイメージ・予算・ご希望の納期(デザインによって、かかる時間が違います)」などをお聞きしながら、デザインに関するご説明やご提案を致します。もちろん、ご相談をいただいたからといって発注していただく義務もありませんし、しつこく売り込む事もありません。
「3色にすると2色よりもどれくらい値段が違うんですか?」などの質問もお受けしています。まだデザインイメージがあいまいな方も大歓迎。だいたいの雰囲気をお伝え頂ければ、こちらからデザインのご提案を致します。

色の指定方法

「DIC」や「PANTONE」というカラーチップがあるので、それで指定して頂くこともできますし、
「ポカリスエットの青」「クロレッツのガムのグリーン」といった、ざっくりした指定もできます。
こちらでそれを買ってきて、同じ色を作ります。ご指定の色でプリントしますので、実際にできあがったサンプルを見て、思い通りに仕上がっているかをチェックしてください。
あなたの思い通りの色なら良いですけど、もしイメージと違う場合は遠慮なくお伝えください。
本生産で、ご希望に近づけるように努力致します。
どうしても、もう一度サンプルを作成してほしいという方は2回目以降は有料になりますが、
オリジナルタオルのサンプルを再度、作る事は可能です。

カラーイメージ

参照記事
「プリントのオリジナルタオルの色指定と色ブレ度合い」

ページトップへ

Call:0120-93-0075

6.そして、高品質なタオルを低価格で作るベストな方法

価格は主に、以下の内容によって決まります。
加工方法・枚数・色数・納期・生地のサイズ・生地の厚さ(重さ)・納品形態(袋入れの有無など)・「のし」の印刷など
このように色々な要素によって価格は変わってきますので、一概に「オリジナルタオル100枚でこの値段」といったような提示が出来ません。
なので、金額を知りたい場合は基本的には問い合わせていただくしかありません。しかし、それも不親切だと思いますので、カンノタオルでこれまでに製作させていただいたお客様のオリジナルタオルの値段をいくつか紹介しておきます。
ちなみに、神野織物は「超急ぎ!」の納期の場合でも追加料金なし
一般的な「のし」の印刷は追加料金なしでお受けしています。

【高品質なタオルを「安く」作る一番よい方法】

参照記事
「ジャガードタオルを安く製作するために理解しておいた方がいい事。」   「オリジナルタオル作成 激安で製作できるのはジャガード or プリント??」

サンプルタオルの価格紹介

染料ベタプリントマフラーオリジナルタオル

マフラータオル

マフラータオル拡大

ロット :
300枚
サイズ :
100×20(cm)
加 工 :
染料ベタプリント
色 数 :
4色(4版)
形 態 :
袋入れ
納 期 :
3週間~
毛違いジャガード織りオリジナルマフラータオル

マフラータオル

マフラータオル拡大

ロット :
300枚
サイズ :
110×21(cm)
加 工 :
毛違いジャガード織り
色 数 :
2色(ジャガード型)
形 態 :
袋入れ
納 期 :
4週間~
インクジェットプリントオリジナルハンドタオル

ハンドタオル

ハンドタオル拡大

ロット :
10枚
サイズ :
33×33(cm)
加 工 :
インクジェットプリント
色 数 :
フルカラー
形 態 :
袋入れ
納 期 :
3週間程度
染料ベタプリントオリジナルスポーツタオル

スポーツタオル

スポーツタオル拡大

ロット :
300枚
サイズ :
115×40(cm)
加 工 :
染料ベタプリント
色 数 :
1色(1版)
形 態 :
袋入れ
納 期 :
3週間~
染料ベタプリントオリジナルスポーツタオル

スポーツタオル

スポーツタオル拡大

ロット :
500枚
サイズ :
115×40(cm)
加 工 :
染料ベタプリント
色 数 :
3色(3版)
形 態 :
袋入れ
納 期 :
3週間~
染料一般プリントオリジナルマフラータオル

フェイスタオル

フェイスタオル拡大

ロット :
500枚
サイズ :
85×34(cm)
加 工 :
染料一般プリント
色 数 :
2色(2版)
形 態 :
袋入れ
納 期 :
3週間~

※型代(版代)は別途、色数分必要となります。(インクジェットプリントは型代不要)
※記載されているロット(枚数)は最低製作必要枚数ではありません。上記より少ない枚数でもオリジナルタオルを製作できますのでお気軽にお問い合わせください。

参照記事
「必見! オリジナルタオル製作時に誰もが気になる製作費用(相場)」   「オリジナルタオル 加工方法別価格ランキング」

ページトップへ

Call:0120-93-0075

お客様の声(実際にオリジナルタオルを製作した感想)

納期日・金額・メール電話のやり取りなど、何も問題なく分かりやすくスムーズに対応してくれたので感謝しています。代表・指導者・生徒・保護者等からもデ ザイン・タオルの質感が良いと評判でした。もしかすると各チームごとのオリジナルタオル等を今後お願いするかもしれません。

ダンスサークル オリジナルマフラータオル

オリジナルタオルを製作する上で、最初は、値段、汗を吸収するか、、など不安でしたが、実際に仕上がった商品を受け取って満足しました。他に希望に合う会 社が見つからなかったため、神野織物で製作する事に決めました。作っていただいたタオルを巻いて、7月に仲間と富士山に登りました。頂上ではみんなでタオ ルをもって写真を撮り、思い出とともに残るものとなりました。 同じタオルをまくことで団結力が生まれたと思います。みんな疲れ果てた顔をしていますが・・・タオルとともにいい思い出になりました。以来山に登るときは いつも持参しています。ありがとうございました。機会があればまた作成をお願いしたいとおもいますので、その時はまたよろしくお願いします。

登山サークル オリジナルマフラータオル

ネットでタオルの見積りを取り、電話でもお話し、その時に話がぶれなかったことでここと決めました。みんな「カッコいいですね」という感想でした。家族に も自慢しましたが、色も若者向けでよいとのことでした。校章等、微妙な細部が難しいと聞いていましたが、それもジャガードタオルのよさだと思います。本校 に着任以来、国際交流のお土産にと考えていたのですがやっと実現できました。ありがとうございます。

高校 オリジナルジャガードマフラータオル

HPでの説明がわかりやすかったこと、価格の目安がわかりやすかったことなどが決め手になってタオルを作ろうと決めました。最初はタオルの質感などが分か りにくくて、安っぽいオリジナルタオルにならないかということが気になりましたが、今回、製作をお願いしたオリジナルタオルは実際に仕上がった商品を受け取って予想 以上に良い出来で、運営・選手共にとても満足しております。

ヨットサークル オリジナルスポーツタオル

お客さまの声をもっと見る>>

ページトップへ

オリジナルタオル製作の流れ

STEP1 お問い合わせ

まずは、オリジナルタオルの製作方法や納期・金額等、お気軽にお問い合わせください。 オリジナルタオル制作に特化したスタッフがお客様の疑問にお答えいたしますのでWebサイトまたは、フリーダイヤルからお気軽にお問い合わせください。

STEP2 打ち合わせ

あなたの作りたいオリジナルタオルのデザインイメージ・素材・枚数・色・予算などをお聞かせください。些細な質問でも何でもOKです。もちろん、問い合わせたからといってしつこい売り込みはしません。

STEP3 見積り・納期の提示

お聞かせいただいた内容を元に、仕上がりイメージのご相談をして頂きます。オリジナルのデザインデータ入稿も、弊社でのデータ作成もOKです。仕上がりイメージがご納得いただければ、具体的な金額、納期を提示させて頂きます。

STEP6 本生産

オリジナルタオルのサンプルご確認いただき、色・仕上がり共にご納得いただけましたら本生産に入ります。お客様のお手元に届くまでの間、担当スタッフがしっかりと品質管理・納期管理を行いますので安心して納品をお待ちください。

STEP5 サンプルご確認(色変更等)

10~14日後サンプルをお届けしますので、色をご確認ください。この色校正サンプルは本生産と同じデザイン、同じ生地、同じ工場でつくります。だから、一番大きな不安である「色の表現」を判断できます。色味に関して少しでも気になる点があれば変更は可能です。(※2回目以降有料)

STEP4 サンプル製作

お見積りの金額、納期でOKを頂ければ、オリジナルタオルのサンプルの製作に入ります。ご納品のものと全く同じデザイン、素材でオリジナルタオルのサンプルをお作りします。フェイスタオルサイズ以上で100枚以上のご注文の場合、サンプル製作費は無料です。(※2回目以降有料)

STEP7 納品

ご指定の納期までに、ご指定の場所へオリジナルタオルをお届けします。お支払いは、お届け時の代金引換、または銀行振り込みがご利用頂けます。

カンノタオルはお客様のオリジナルのタオルの色見本サンプルをプリントします。
フェイスタオルサイズ以上で100枚以上ご注文の方は
サンプル代は初回無料!※納期により難しい場合もあります。

ページトップへ

Call:0120-93-0075

オリジナルタオル製作「おすすめの方法!」

オリジナルタオル製作で失敗しない方法、、、
それは、わからないことがあればまず弊社スタッフに相談していただく事です。
私たちはおかげさまで、毎日たくさんのお客様からオリジナルグッズのご注文を頂いています。
「なんとしてでも一人でも多く注文をもらおう」というようなガツガツした気持ちもありません。
それよりもむしろ、私たちのタオルを手にしていただいたお客様に 喜んでもらいたいと思っています。
そして私たちも、お客様に喜ばれながら楽しく仕事をしたいと思っています。

「できる限り安く作る」ための努力も精一杯いたします。
オリジナルタオルをできるだけ安く製作する事はお客様に喜んで頂くための必須ポイントだと思っているからです。
私たちカンノタオルはオリジナルタオルの製作だけで、年間法人取引額が4億円以上あり、
日本を代表するような販売用タオルやコンサートタオルも多く扱っています。
私たちはそんな法人様からの信頼を頂き、長年オリジナルタオルの生産をしています。
そうして鍛えられた経験と実績をもとにあなたからのご相談にも親身にお答え致しますので、
オリジナルタオルのご相談は、ぜひ、カンノタオルにお任せください。
オーダータオルの知識ブログ 「かっこいいオリジナルタオルをなるべく安く製作するための5つの方法」や、
プリント・ジャガード織りのオリジナルタオルは神野織物のページもご参照ください。
プリント・注染の手ぬぐいのオリジナルは手ぬぐい神野までお気軽にお問い合わせ下さい。

ページトップへ

Call:0120-93-0075

オリジナルタオルや手ぬぐい製作に関するお問い合わせは、公式Twitter(@_Towel)からもお気軽にご質問ください。

Facebookページでは、日常生活で役に立つタオルや手ぬぐいの豆知識や製作に関する情報を配信しておりますのでコチラもご覧ください。